読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCの音楽データを外にUPLOADしているだけでしょ?現実村社会【井戸端会議】

f:id:spicablog:20170419063142j:plain

f:id:spicablog:20170419072315j:plain

 


f:id:spicablog:20170411072841j:plain

f:id:spicablog:20170421091031j:plain

f:id:spicablog:20170421091257g:plain

f:id:spicablog:20170421091437p:plain

f:id:spicablog:20170421090507g:plain

f:id:spicablog:20170421090627g:plain

f:id:spicablog:20170419192723j:plain

f:id:spicablog:20170421090257j:plain

 

➡️隣人を愛せよ👭【井戸】👭 近隣住民とあいさつをしましょう⬅️   

井戸端会議 - Wikipedia

地域コミュニティ - Wikipedia

f:id:spicablog:20170421081212p:plain

 

「汝の隣人を愛せよ」とは、どういう意味ですか?

U・ω・U

閲覧数:
7,576
回答数:
3

違反報告

 

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

編集あり2009/4/2718:38:55

私はあなたで、あなたは私。

だから例えそれが敵であっても、
自分を愛する位に、全ての人を愛しなさい。
という意味です。

もうすこし分かりやすく言うと、

あなたが傷ついて倒れていた時、
AさんとBさんが偶然通りました。

あなたが大好きだったAさんには素通りされ
あなたが大嫌いだったBさんが助けてくれたとします。

あなたなら、Aさんのようになりたいですか?
それとも、Bさんのようになりたいですか?

あなたはBさんのようになりたいと、思いましたか?

もしここでAさんを嫌いになったら同じなんです。
なぜならAさんにもそれなりの理由があったからかもしれませんから。

極端な例えですけど、好きも嫌いも自分の思い込みで、
常にどんな人でも自分を愛するように接しなさい、
というキリストの教えなんですよね。

 

あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい

 

“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” この御言葉は聖書に8回でてきます。 これは聖書の中によく出てくる戒めの中のひとつです。

隣人を愛することは、人間の実際の姿である自分中心の生き方の正反対を示す姿なのです。 神の愛に基づいて行動することは、自分中心でない生き方が、私たち人間にとって可能であることを示しています。 私たちの良い行いをとうして、無視、また否定することのできない実際的な神の愛を、隣人に示しているのです。

彼らがあなたの良い行いに対し感謝の心を示す、示さないに関わらず、イエス様の命令は現代においても正しく、有効なのです。 あなたは実際的な方法であなたの隣人に愛を示してゆかなければならないのです。

 

隣人とは誰なのでしょうか?

 

ルカの福音書の10:29において、イエス様が隣人とは誰のことですかと質問されたとき、イエス様は良きサマリヤ人(道端で見つけた見ず知らずの人を助けた人)の話を用いて答えられました。 37節においてイエス様は質問をした人に向って、このサマリヤ人と同じように行ってしなさいと言われたのです。 隣人とはあなたがどこに行こうとも、あなたの近くにいる人達をいうのです。

 

良い行いはあかしとなります

 

私たちが隣人を愛することが、福音の伝道につながるというのが神のご計画なのです。 私たちの愛と行動が神がどのようなお方であられるか、また神の国とはどのようなものであるかを、周りの人々に示すことになるのです。

 

マタイ5:16

「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」

 

Ⅰペテロ3:1

「たとい、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって、神のものとされるようになるためです。」

 

Ⅰペテロ2:12

「異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。 そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行ないを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります。」

 

Ⅰペテロ2:15

「というのは、善を行なって、愚かな人々の無知の口を封じることは、神のみこころだからです。」

 

Ⅰテモテ6:18

「また、人の益を計り、良い行ないに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。」

 

ヨハネ3:14

「私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。 それは、兄弟を愛しているからです。 愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。」

 

ヨハネ3:18

「子どもたちよ。 私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。」

 

ヨハネ4:7

「愛する者たち。 私たちは、互いに愛し合いましょう。 愛は神から出ているのです。 愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。」

 

神はあなたの隣人のためにも死んでくださったのです、神はそれほど彼らを愛しておられるのです。 あなたは神の大使なのです、神の愛を彼らに示すために、あなたが神を代表する者となるのです。

あなたは神の愛をあなたの隣人に示すために何をしていますか、行いのない愛は死んだものなのです。

 

まず第一にあなたが隣人にすべきことは祈りです

 

もしあなたがあなたの隣人を本当に愛しているならば、あなたがまず第一にすべきことは、あなたの隣人のために祈り始めることです。 あなたは人間として、隣人を助けることには限界があります。 しかし神にとって、隣人を助けることに限界はないのです。 あなたがあなたの隣人のためにできる最善の働きは、まず彼らのために真剣に祈り始めることなのです。

あなたが一生掛かってするような隣人への助けをも、神はわずか一分で成し遂げることができます。 しかし、神は誰からも頼まれもしないのに、ある人に祝福を押し付けるようなことはされません。

私たちの祈りにおける願いをとうして、神ご自身が、私たちの隣人の生活の上に働いてくださるのです。 私たちが隣人のために祈る時、私たちの祈りにある程度の権威が与えらます。 なぜなら私たちの隣人の行いは、私たちに影響があるからです。

 

隣人愛に関しての御言葉は聖書に8回出てきます

 

レビ記19:18

「復讐してはならない。 あなたの国の人々を恨んではならない。 あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。」

 

マタイ19:19

「父と母を敬え。 あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」

 

マタイ22:39

「“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。」

 

マルコ 12:31

「次にはこれです。 “あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” この二つより大事な命令は、ほかにありません。」

ルカ 10:27

「すると彼は答えて言った。 “心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。 また ”あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。“ とあります。」

 

ローマ 13:9

「“姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな。” という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” ということばの中に要約されているからです。」

 

ガラテヤ 5:14

「律法の全体は、“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という一語をもって全うされるのです。」

 

ヤコブ 2:8

「もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、 “あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という最高の律法を守るなら、あなたがたの行ないはりっぱです。」

 

よき隣人であり続けましょう

 

神は私たちが神の代表者として、自己本位でない愛をもって私たちの隣人と接するようにと願っておられるのです。

 

ピリピ 2:4

「自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。」

 

マタイ 7:12

「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。 これが律法であり預言者です。」

 

ローマ 13:10

「愛は隣人に対して害を与えません。 それゆえ、愛は律法を全うします。」

 

ローマ 15:2

「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです。」

 

ヘブル 13:1-2

「兄弟愛をいつも持っていなさい。 旅人をもてなすことを忘れてはいけません。 こうして、ある人々は御使いたちを、それとは知らずにもてなしました。」

 

イエス様があなたを報われるのです

 

エペソ 6:8

「良いことを行なえば、奴隷であっても自由人であっても、それぞれその報いを主から受けることをあなたがたは知っています。」

 

マタイ 25:37,40

「すると、その正しい人たちは、答えて言います。 “主よ。 いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。”」

「すると、王は彼らに答えて言います。 “まことに、あなたがたに告げます。 あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。”」

「おはよう」【挨拶習慣】【👭井戸端会議👭】🏡近隣住民🏡と挨拶をしましょう。「こんにちは」「いただきます」「さようなら」

井戸端会議 イドバタカイギ

デジタル大辞泉の解説

いどばた‐かいぎ〔ゐどばたクワイギ〕【井戸端会議】

井戸端などで、近所の女たちが水くみや洗濯などをしながら、人のうわさや世間話をすることをからかっていった語。転じて、主婦たちが家事の合間に集まってするおしゃべり。「井戸端会議に花を咲かす」

 

まずキリストが隣人を愛せよと教えたのは、ユダヤ人に対してであって、その他の民族やクリスチャンに対してではありません。この教えを守るべき人は、当時のユダヤ人と、後の時代のユダヤ人です。(後の時代については話が長くなるのでここでは書きません。)

では今の時代、ユダヤ人ではない人に対してこの教えは何の意味があるのかということになってきます。キリストは隣人を愛せよと教えた時に具体例も挙げました。右の頬をたたく者には左の頬をも向けよ。下着を告訴して取ろうとする者には、上着をも差し出せ。自分に敵対する者を愛せよ。等です。

敵対する者を愛するということを説明するために、サマリア人の例えも語りました。その死に掛かっている人を無視して過ぎ去ったのは、祭司と律法学者(当時の宗教の先生)で、いわゆる良いとみなされていた人です。

サマリア人は、ユダヤ人と異邦人(ユダヤ教を信仰しない他の民族)との混血です。ユダヤ教では異邦人との結婚が許されないので、彼らはユダヤ人にとっては異端児で、異邦人以下に扱われていました。

ですのでユダヤ人とサマリア人の関係を説明するなら、ユダヤ人がサマリア人を迫害していたというのが正しい立場です。

さて、ここまでの事を教えていますが、正直みながそれだけのことが出来れば、世の中平和に丸く収まることは明らかでしょう。だけど出来る訳ないのです。自分を馬鹿にする人に対して、絶対に腹を立てないでいられますか?貸した金を全く返すつもりもなく、反省もしていない人に、続けて金を貸すなんてことはできますか?

無茶な話です!少なくとも私にはできませんし、少し考えたら誰がそんなことできるでしょうか。神の子キリストにしかできない事です。

ではキリストな何のためにそのような教えを説いたのかと言えば、世界平和のためにではなく、自分が良い人となるためでもなく、自分自身には人を愛する力などない者だと気付かされるためです。自分は正しいと思っている人に対して、本当は何も正しくないということを教えるためです。

キリストの教えに一貫していることは、神の御国(いわゆる天国)に入ることです。それにはまず第一に、自分の無力さに気付く必要があることから、人間にはできない教えを説いたという訳です。自分の力ではなく、キリストを通してのみ神の御国に入れるのだとも教えています。

 

【挨拶習慣】隣人を愛せよ 【近隣住民と挨拶をしましょう】

隣人愛とはギリシャ語でアガペーと言います。
だれもが持っている他の人への気遣いのこもった愛のことを指します。

例えば、裸で泣いている赤ちゃんを見ると助けてあげなければと感じるような、自然の愛情です。

イエスはこう述べました。
「友のために自分の魂をなげうつこと、これより大きな愛を持つ者はいません。」ヨハネ15:13
「それゆえ、自分にして欲しいと思うことはみな、同じように人にもしなければなりません。」

マタイ7:12

 

仏教の教えの本質は、執着からの脱却で、

その目的は人生の苦しみから逃れるため、と解釈しています。
では、キリスト教の教えの本質は何でしょうか?
隣人を愛せよと説いていますが、その目的はなんでしょうか?
平和な世の中を作るためでしょうか?
魂の浄化に関わってくるのでしょうか?

物事に執着するなという仏教の教えと、

隣人を愛しなさいというキリスト教の教えが、

ふと相反する考えのように思えたので質問します。
仏教で愛を説かないのは、

その人物に執着しすぎてしまう恐れがあるからと解釈しています)

よろしくお願いします。 

 

こんばんは。

私は宗教家ではありません。
なので独断的私見になりますが・・・

まず、単に「隣人を愛せよ」ではなく
「汝自身を愛するように、汝の隣人を愛せよ」だったと思います。
前者はただのスローガンにしかなりませんが、
後者は本人に対する問いかけを含むのではないでしょうか?
後者のような指針を自らの内に持つとき、
自分や人にどう関わっているかを吟味することが要求されます。
自ずと、自分を愛するとは、人を愛するとはどういうことなのかと自らに問うことになります。
それは具体的で誰にでもわかる台詞でありながら本質に迫る問いであり、
人間を成長させる力を持っている言葉だと私は思いました。

私は、キリスト教仏教も人間の幸福を希求していると思います。
より深く人を愛するには 慈悲と悟りの両面のレベルアップが求められる気がします。 
執着するなではなく、執着が無意味に思えるレベルまで認識が

拡大することが悟り・解脱ではないでしょうか。
キリストの言行は、シンプルでありながら矛盾を含むようでもあり、
愛への認識の拡大を迫る。
個々の局面で自分の中の執着や冷酷さと向き合うことを要求する。

キリスト教の愛と、「愛別離苦」といった使い方をする仏教的な愛とでは、

そもそも概念が違うと思います。
キリストの問いた愛は執着を超えた大きな愛であり、
キリストの言動は、そういう愛への示唆に満ちていると私は思います。

お祈りする習慣をつけましょう。 紙を用意。【七夕】 おやすみ

f:id:spicablog:20170420223705j:plain 

【七夕】【お祈り習慣】月にばっかり頼ってないで自分でやれ【般若心経】【祭】

【お祈りする習慣】をつけましょう。

毎朝【御先祖様】に感謝しましょう。

毎朝【般若心経】を唱えましょう。

月に頼ってないで【自分の御先祖様】に頼れ。

【太陽礼拝】こどもは七夕ごっこ。