読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

➡️隣人を愛せよ👭【井戸】👭 近隣住民とあいさつをしましょう⬅️   

井戸端会議 - Wikipedia

地域コミュニティ - Wikipedia

f:id:spicablog:20170421081212p:plain

 

「汝の隣人を愛せよ」とは、どういう意味ですか?

U・ω・U

閲覧数:
7,576
回答数:
3

違反報告

 

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

編集あり2009/4/2718:38:55

私はあなたで、あなたは私。

だから例えそれが敵であっても、
自分を愛する位に、全ての人を愛しなさい。
という意味です。

もうすこし分かりやすく言うと、

あなたが傷ついて倒れていた時、
AさんとBさんが偶然通りました。

あなたが大好きだったAさんには素通りされ
あなたが大嫌いだったBさんが助けてくれたとします。

あなたなら、Aさんのようになりたいですか?
それとも、Bさんのようになりたいですか?

あなたはBさんのようになりたいと、思いましたか?

もしここでAさんを嫌いになったら同じなんです。
なぜならAさんにもそれなりの理由があったからかもしれませんから。

極端な例えですけど、好きも嫌いも自分の思い込みで、
常にどんな人でも自分を愛するように接しなさい、
というキリストの教えなんですよね。

 

あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい

 

“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” この御言葉は聖書に8回でてきます。 これは聖書の中によく出てくる戒めの中のひとつです。

隣人を愛することは、人間の実際の姿である自分中心の生き方の正反対を示す姿なのです。 神の愛に基づいて行動することは、自分中心でない生き方が、私たち人間にとって可能であることを示しています。 私たちの良い行いをとうして、無視、また否定することのできない実際的な神の愛を、隣人に示しているのです。

彼らがあなたの良い行いに対し感謝の心を示す、示さないに関わらず、イエス様の命令は現代においても正しく、有効なのです。 あなたは実際的な方法であなたの隣人に愛を示してゆかなければならないのです。

 

隣人とは誰なのでしょうか?

 

ルカの福音書の10:29において、イエス様が隣人とは誰のことですかと質問されたとき、イエス様は良きサマリヤ人(道端で見つけた見ず知らずの人を助けた人)の話を用いて答えられました。 37節においてイエス様は質問をした人に向って、このサマリヤ人と同じように行ってしなさいと言われたのです。 隣人とはあなたがどこに行こうとも、あなたの近くにいる人達をいうのです。

 

良い行いはあかしとなります

 

私たちが隣人を愛することが、福音の伝道につながるというのが神のご計画なのです。 私たちの愛と行動が神がどのようなお方であられるか、また神の国とはどのようなものであるかを、周りの人々に示すことになるのです。

 

マタイ5:16

「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」

 

Ⅰペテロ3:1

「たとい、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって、神のものとされるようになるためです。」

 

Ⅰペテロ2:12

「異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。 そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行ないを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります。」

 

Ⅰペテロ2:15

「というのは、善を行なって、愚かな人々の無知の口を封じることは、神のみこころだからです。」

 

Ⅰテモテ6:18

「また、人の益を計り、良い行ないに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。」

 

ヨハネ3:14

「私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。 それは、兄弟を愛しているからです。 愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。」

 

ヨハネ3:18

「子どもたちよ。 私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛そうではありませんか。」

 

ヨハネ4:7

「愛する者たち。 私たちは、互いに愛し合いましょう。 愛は神から出ているのです。 愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。」

 

神はあなたの隣人のためにも死んでくださったのです、神はそれほど彼らを愛しておられるのです。 あなたは神の大使なのです、神の愛を彼らに示すために、あなたが神を代表する者となるのです。

あなたは神の愛をあなたの隣人に示すために何をしていますか、行いのない愛は死んだものなのです。

 

まず第一にあなたが隣人にすべきことは祈りです

 

もしあなたがあなたの隣人を本当に愛しているならば、あなたがまず第一にすべきことは、あなたの隣人のために祈り始めることです。 あなたは人間として、隣人を助けることには限界があります。 しかし神にとって、隣人を助けることに限界はないのです。 あなたがあなたの隣人のためにできる最善の働きは、まず彼らのために真剣に祈り始めることなのです。

あなたが一生掛かってするような隣人への助けをも、神はわずか一分で成し遂げることができます。 しかし、神は誰からも頼まれもしないのに、ある人に祝福を押し付けるようなことはされません。

私たちの祈りにおける願いをとうして、神ご自身が、私たちの隣人の生活の上に働いてくださるのです。 私たちが隣人のために祈る時、私たちの祈りにある程度の権威が与えらます。 なぜなら私たちの隣人の行いは、私たちに影響があるからです。

 

隣人愛に関しての御言葉は聖書に8回出てきます

 

レビ記19:18

「復讐してはならない。 あなたの国の人々を恨んではならない。 あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。」

 

マタイ19:19

「父と母を敬え。 あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」

 

マタイ22:39

「“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。」

 

マルコ 12:31

「次にはこれです。 “あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” この二つより大事な命令は、ほかにありません。」

ルカ 10:27

「すると彼は答えて言った。 “心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。 また ”あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。“ とあります。」

 

ローマ 13:9

「“姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな。” という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” ということばの中に要約されているからです。」

 

ガラテヤ 5:14

「律法の全体は、“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という一語をもって全うされるのです。」

 

ヤコブ 2:8

「もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、 “あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。” という最高の律法を守るなら、あなたがたの行ないはりっぱです。」

 

よき隣人であり続けましょう

 

神は私たちが神の代表者として、自己本位でない愛をもって私たちの隣人と接するようにと願っておられるのです。

 

ピリピ 2:4

「自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。」

 

マタイ 7:12

「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。 これが律法であり預言者です。」

 

ローマ 13:10

「愛は隣人に対して害を与えません。 それゆえ、愛は律法を全うします。」

 

ローマ 15:2

「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです。」

 

ヘブル 13:1-2

「兄弟愛をいつも持っていなさい。 旅人をもてなすことを忘れてはいけません。 こうして、ある人々は御使いたちを、それとは知らずにもてなしました。」

 

イエス様があなたを報われるのです

 

エペソ 6:8

「良いことを行なえば、奴隷であっても自由人であっても、それぞれその報いを主から受けることをあなたがたは知っています。」

 

マタイ 25:37,40

「すると、その正しい人たちは、答えて言います。 “主よ。 いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。”」

「すると、王は彼らに答えて言います。 “まことに、あなたがたに告げます。 あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。”」