読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水瓶座の時代とはどんな時代なのか?

 

一言でいうと、支配からの解放の時代です。

 

水瓶座の名の通り「水を運ぶ人」は、富やチャンスを公平に分配する役割です。
 

全体に対する自分の役割を担う中で、自由な考え方が許されるような社会です。

 

ルールが規定されているのではなく、自発的に自分の役割を見つけ、自由に動く中で秩序が生まれるという考え方です。
 

その秩序が守られている限りは他人にも自分にも寛容です。

 

 

今度は、水瓶座の支配星は土星天王星ということから

水瓶座の時代」を捉えてみましょう。

 

土星は公平さが厳しく求め、天王星は改革を表します。
 

つまり、役に立たない規則はどんどん置き換われます。

 

たとえば、形骸化した集まりや慣習は「支配の時代」にはそれなりに意味があったのでしょうが、今後は意味有るものに置き換わるでしょう。

 

 

「風」という象徴もあることから、情報はスピーディに拡散されます。
 

悪事を秘密裏にはたらくことはできなくなります。

 

以上をまとめると、このようになります。

 

グループの中の一部として自由に行動できることが重要視され、

そこに喜びを感じるような社会になります。
 

グループがうまくいけば、誰の手柄でもいいという価値観になります。

 

ですので、多くを持たなくても誰でもチャンスに恵まれるのです。
 

ここが「支配の時代」と大きな差です。

 

 

このような価値観に社会全体が変わってくるわけですから、

過去の考えに縛られると生きていく上で窮屈になってくるのです。

 

2016年の後半に不調を訴えたり、価値観の変化に戸惑ったり、なんとなくぼうっとしてしまうのは、まさにこの価値観の変化に対して無意識に違和感を感じていたからだともいえます。

 

世の中の人々は集合意識でつながっているわけですから、

宇宙の法則の変化に敏感な人ほど、

この時代の変化を察知していたのだと思います。

 

 

そもそも経済の意味とは?

 

時代が変わるといことは「経済のあり方」も変わります。

 

経済とは中国の古い言葉である「経世済民」から来ています。

 

全ての人に利益を分配するのが経済の役割のあるという発想から生まれた言葉です。

 

つまり、経済は「経世済民にふさわしい経済のあり方」をしなくてはなりません。

 

 

「支配の時代」では、支配者やピラミッド組織の仕組みをつくることで産業の合理化がすすめられ、世の中全体の経済のベースアップが行われました。

 

しかしながら、結果として一部の人に富が集中し、資源は食いつぶされ、地球という星やその住人である全ての生命体が痛めつけられてきたのです。

 

そして今、このようなやり方は合理的ではないという価値観が生まれました。
水瓶座によってもたらされたともいえます。)

 

つまり、次の時代の「経済のあり方」が問われているということなのです。

 

経世済民

 
 

經世濟民(けいせいさいみん、経世済民)は、中国古典に登場する語で、文字通りには、

「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」の意。

略して「經濟」(経済)とも言うが、主として英語の「Economy」の訳語として使われている今日の「経済」とは異なり、本来はより広く政治統治行政全般を指示する語であった。以下「經世濟民」および「經濟」の本来の用法と、その変遷について扱う。

 

 

典拠[編集]

中国・東晋葛洪の著作『抱朴子』内篇(地眞篇)には「經世濟俗」という語が現れ、經世濟民とほぼ同義で用いられている。時代がやや下り、隋代王通文中子』礼楽篇には、「皆有經濟之道、謂經世濟民」とあって、「經濟」が經世濟民の略語として用いられていたことがわかる。さらに後代の『晋書殷浩伝()、『宋史王安石伝論()などにも「經濟」が現れるが、以上はもちろん政治・統治・行政一般を意味する用法である[1]。清末、戊戌の政変後、従来のような儒教的教養によらず学識ある在野の有為な人材を登用するために新設された科挙の新科目「経済特科」も、この用法によるものである[2]

語義の変遷[編集]

古典的用法としての「経世済民」「経済」[編集]

近世以前の日本では、「経世済民」(あるいは経国済民)が一つの言葉として用いられることはあまりなく、「経国」「済民」などがそれぞれ別個に用いられることが多かったが、近世(江戸時代)になるとこれらを一つにまとめた「経世済民」(あるいは経済)が盛んに用いられるようになった。その背景には、初の中国で発展した考証学者による「経世致用の学」の影響を受け、日本でも儒学者蘭学者などによる同種の「経世論」(経世済民論)が流行したことが関わっている。この「経世論」の代表的著作の一つで日本で初めて「經濟」の語を書名とした太宰春台経済録』(18世紀前半)は、「(およそ)天下國家を治むるを經濟と云、世を經め民を濟ふ義なり」としており[3]、この頃の「經世濟民(經濟)の學」は今日でいう経済学のみならず政治学政策学社会学などきわめて広範な領域をカバーするものであった。

しかし江戸後期に入って次第に貨幣経済が浸透すると「經濟」のなかでも「社会生活を営むのに必要な生産・消費・売買などの活動」という側面が強調されるようになっていった。海保青陵は、自著で専ら現在と同じ意味で用いており、これは「経済」という語の早い例である。ただ青陵によると、当時の大坂で「経済家」といえば、治政一般ではなく「金銀の事」に詳しい者を指したと言い、大坂商人の間では現代的な用法は既に常識的だったようだ[4]19世紀前半の正司考祺経済問答秘録』に「今世間に貨殖興利を以て經濟と云ふは謬なり」とあるように、(考祺は批判的に指摘しているものの)今日の用法に近い「經濟」が普及していた[5]。以上のような用法の変化は、代の中国の俗語において、金銭・財務に関連する(古典的用法と異なる)用法が広まったことの影響とする杉本つとむの見解[6]もある。

economyの訳語としての「経済」の定着[編集]

幕末期になり、新たに交流が始まったイギリスなどから古典派経済学の文献が輸入されるようになると、「経済」の語は新たに"economy"の訳語として用いられるようになるが、それにはいくつかの段階がある。まず、1862年文久2年)に刊行された堀達之助らの『英和対訳袖珍辞書』では"economy"を「家事する、倹約する」とし、"political economy"(古典派経済学において「経済学」を意味する語)に「経済学」の訳語を与えている(西周によると後者は津田真道の執筆)。ついで日本における最初の西洋経済学入門書として知られる神田孝平訳の『経済小学』(1867年(慶応3年)刊)では「経済学」を「ポリチャーエコノミー」と読ませており、同年末に刊行された福沢諭吉の『西洋事情 外篇』巻の3でも同様の用法として「経済学」の語が見える(なお前年1866年(慶応2年)刊の『西洋事情 初篇』巻の1には「経済論」の語がある)[7]

しかし「経済(学)」がエコノミーもしくはポリティカル・エコノミーの訳語として定着するには若干の問題があり、例えば西周は『百学連環』(1870年(明治3年)刊)で、エコノミーとポリティカル・エコノミーの区別を重視して前者に「家政」、後者については国家の「活計」を意味するものであり、津田の訳語「経済学」では活計の意味を尽くしていないとして「制産学」の訳語を与えている。このように個人(もしくは企業)の家計・会計と国家規模の経済運営を分けて考える立場はしばらく影響力を持ち、後者については「理財」の訳語が用いられることもあり(1881年刊『哲学字彙』では"economics"の訳語)明治初期の大学・専門学校の学科名としては「理財学」がしばしば用いられた。しかし国家レベルと個人・企業レベルのエコノミーを包括して「経済」とする用法が次第に普及することになり、現在に至っている[8]。また江戸時代以来の「貨殖興利」という用法も存続したため、本来の「経済」の語に含まれていた「民を済ふ」という規範的な意味は稀薄となった。

また、この新しい用法は本来の意味の「經濟」という語を生み出した中国()にも翻訳を通じて逆輸出され、以後東アジア文化圏全域で定着した。