読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【権利】を主張する前にまず【義務】を果たしなよ。【納税】【勤労】【教育】

f:id:spicablog:20170419063142j:plain

国民の三大義務

 
 

国民の三大義務(こくみんのさんだいぎむ)とは、日本国憲法に定められた「教育の義務26条2項)」「勤労の義務27条1項)」「納税の義務30条)」の日本国民の三つの義務を指す[1][2]

 

 

該当条文[編集]

各義務規定は以下の通りである。

第二十六条 2項[編集]

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

第二十七条[編集]

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

第三十条[編集]

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

f:id:spicablog:20170422012937j:plain

f:id:spicablog:20170422014349p:plain

人口が増えないと経済は発展しないよ

所得倍増計画 - Wikipedia

所得倍増計画

 
 

所得倍増計画(しょとくばいぞうけいかく)は、1960年池田内閣の下で策定された長期経済計画である。閣議決定された際の名称は国民所得倍増計画(こくみんしょとくばいぞうけいかく)という。この計画では、翌1961年からの10年間に名目国民所得国民総生産)を26兆円に倍増させることを目標に掲げたが、その後日本経済は計画以上の成長に至った。立案は経済学者の下村治